ペット供養で真心ある供養のセレモニーを|フォーエバーペッツ

Woman and dog

ペットも保険に

保険に加入してペット供養費用をカバー

People and dog

人間と同じくペットが逝去した時は葬儀が執り行われます。かつては自宅の庭に埋めることが多かったのですが、今ではペットの遺体を葬儀場に運んで火葬をしてもらい、遺骨を持ち帰るというケースも増えてきました。人間の葬儀では数十万円が必要となりますが、ペット供養では数万円程度で済みます。しかし急な出費はたいへんですので保険に加入をすることで、ペット供養費用をカバーすることができます。保険によってはペット病院の通院費や治療費をカバーする保険の付帯としてペットの葬儀費が保険でまかなえるプランがあり得をします。人間と異なりペット病院での医療費は高額になりがちなので、ペット保険に加入して逝去後まで費用をカバーできれば安心です。

ペットと一緒にお墓で眠る

ペット供養の方法は様々です。火葬場から持ち帰ったペットの遺骨を自宅に置いておいたり、寺院にありますペット専用の合同墓地に預かってもらったりします。最近ではペットを我が子のように可愛がった人が、死後も一緒にいられるようにと、同じ墓の下で眠ることを希望する人がいます。一般的には人間の遺骨以外を納めることは難しいですが、ペットの遺骨も同じ納骨室へ入れられるように対応している寺院も誕生しました。もちろん墓の中にペット供養のため、ペットの遺骨を納めるには親族の許可や同意が必要ではありますが、それを認める風潮も少しずつではありますが生まれています。同じ納骨室へ入るのが叶わない場合は、人間用の墓の隣に小さなペット用の墓を建立するケースもあります。